2017年11月20日

岡山 マラソン ご報告

こんにちは、

 毎週末の 天気晴れが 気になる院長 です。


IMG_1775.JPG


完走 マラソン です。

院長一言 「調整不十分でしたが、みなさんに 感謝 です。」
posted by スタッフ at 14:08| Comment(0) | 日記

2017年11月16日

素敵な お話を 見つけました ☆

こんにちは晴れ

寒くなってきましたが、お変わりないですか?

10分程度で読める冊子が 好きで また 見つけました。
  素敵な 言葉を・・・
   

作者さんが この夏 60代半ばの仲のいいお友達をくも膜下出血で 亡くされ 急にいなくなる寂しさを 経験されました。
  
告別式の最後に 家族を代表してあいさつに立った娘さんの言葉に 少し救われたそうです。
 娘さんは 子供の頃から 母親が朝早く出ていき 帰ってくるのも遅く 寂しくて よその家庭をうらやんだこともあったそうです。でも中学生になった頃から 考えが変わって 母の仕事に対する熱心さ、バイタリティを 理解できるようになりました。 母親が 祖父(母親の父)の葬儀で ”あっぱれな生き方だった”とほめていた話を紹介しながら ”お母さんは あっぱれな生き方でしたよ と」。
わが子にこんな言葉をささげてもらうなんて 最高の幸せだろうと、思われたそうです。

また 今年の夏に105歳で亡くなられた医師の日野原重明さんがこんな言葉を遺していらっしゃることにも感銘をうけたそうです。

 「人間にとって最も大切なのは、命の長さだと思っている人は多い」しかし、重要なのは「いかにして 命を使ったか、すなわち、人生の質である。」
 
本当にその通りだなと お友達の死で 改めて思ったそうです。

日野原先生は こうも言っておられます。
『死はグッバイではなく、シー・ユー・アゲインです。天国でまたお会いしましょう、というしばしのお別れです』

そう思えば 別れの悲しさも 少し やわらぐ気がするのです、と。

与えられた寿命を 精一杯生きる ってことが 大切ですね。ぴかぴか(新しい)
posted by スタッフ at 11:32| Comment(0) | 日記

2017年11月12日

偉人さん?

IMG_0598.JPG  浮田幸吉さん
全く知らなかったんですが、日本で初めて空を飛んだ人です、玉野市八浜町では 
 『幸吉祭り』してました (^_^)

posted by スタッフ at 11:47| Comment(0) | 日記